振袖を選んだら

マスターしたいメイクの基本
振袖を着る日のメイクのコツ

「この日から、私は変わる!」「今までで一番輝いた自分に」と、お気に入りの振袖をまとい、メイクにも気合いが入る成人式。でも、あまりに普段の自分と違うやり過ぎ、盛り過ぎメイクはNGです。
いつもよりちょっと特別感があって、でも透明感もあって…。今の時代は「ナチュラルだけど、ポイントメイクで華をもたせるメイク」が主流です。振袖姿がさらに華やかになる、メイクの基本をしっかりおさえましょう!

前日のケアも大事

前日にしっかり潤いをチャージしておくと、メイクののり、持ちが変わります。前日は、ローションパックやリンパマッサージをして、睡眠をたっぷりとりましょう。成人式はもちろん、前撮りの時も心がけて。

ローションパックやリンパマッサージでメイクののりアップ

ベース

自分の肌に合ういつものファンデーションを。明る過ぎる色は写真などで浮いてしまいます。普段使っている化粧品、肌になじむ色にしましょう。つややトーンアップには、目的に合った下地の活用を。ファンデーション自体は厚塗りしないほうが、健康的で化粧崩れも起きません。

ファンデーションは自分の肌に合ういつものを

チーク

チークはいつもより濃い目に入れてみましょう。ピンク、コーラル、オレンジ、振袖の色のトーンに合う色を、ほほの高い位置、少し内側に入れると初々しくてキュート。振袖の華やかさと調和します。

ファンデーションは自分の肌に合ういつものを

NEXT → 成人式当日のダンドリ