振袖を選んだら

心の準備、できてる!?
成人式当日のダンドリ

JKS加盟店をはじめ、きもの専門店のサービスを利用した、成人式当日のスケジュール例をご紹介します。
当日はたいへん混雑しますし、慣れないことだらけ。流れを把握して気持ちに余裕を持っておきましょう。
※スケジュールは一例です。詳しくは各店舗とご相談ください。

前日の夜 ――ぐっすり寝ましょう

シャンプーは前夜に済ませておくほうが、髪の扱いがしやすくなります。
ネイルを塗る場合は前日までに済ませておきましょう。
できるだけ早くベッドへ。遅くまでスマホをさわるのはNGです。

成人式の前日はゆっくり休みましょう

AM6:00 ――朝食は必ず食べて

忙しい一日の始まりです。腹八分まで、朝食をしっかり食べておくことを心がけて。
髪はスタイリング剤を付けず、メイクもお任せの場合は日焼け止めなど最小限の下地でストップ。

AM7:00 ――ヘアサロンへGO!

ヘアメイクをした後で着付けをするので、かぶりタイプの服はNG!インナーにも気をつけてね。
帰りに脱いだ服が包めるよう、大き目の風呂敷やバッグに入れていくのがおすすめです。

振袖の着付けは前開きの服を着用すると便利

AM8:00 ――いよいよ着付けスタート!

足袋は、着付けに入る前に自分で履いておくとスムーズです。着付けてもらう時はしっかり立って足を動かさないように。帯を結んでもらう時は、お腹はへこまさず、リラックスした状態で着付けてもらうと後で苦しくなりません。

振袖の足袋は待ち時間に履いておきましょう

AM9:30 ――会場入りは車が安心。帯をつぶさないように座ろう

着物では、ちょっと歩くのもいつもより時間がかかります。時間に余裕を持って出かけましょう。バス・電車で移動する時は特にご注意を。 車のシートには浅く腰掛けて、帯をつぶさないように気を付けて。腰の辺りに小さなクッションを置くと楽になります。

車の乗り降りは振袖の帯をつぶさないように

AM10:00 ――式典のはじまり! 大人のマナーで静粛にね

会場に到着したら、ショールをはずして室内に入りましょう。階段では、たもとを踏まないように片手にまとめて持ち、体を斜めにして上り下り するとスムーズです。
帯がつぶれないように、背筋を伸ばして、椅子には浅く腰掛けましょう。たもとはひざの上に重ねて美しく。
久しぶりの再会にはしゃぎがちですが、式典中は大声でしゃべらない、携帯電話を使わないなど、大人のマナーも忘れずに。

マナーとルールを守って

PM3:00 ――成人式を最高の思い出に

せっかくお出かけするなら、神社やお寺に立ち寄るのも趣深くいい思い出に。七五三でお参りしたところに、二十歳になった奉告をするのもいいですね。和の空間に着物が映え、素敵な写真も撮れるでしょう。お友だちや恋人はもちろん、家族と一緒の記念写真も忘れずに。

成人式の思い出、いっぱい写真で残そう

PM6:00 ――今日は早めにただいま! 感謝の気持ちを家族に伝えよう

せっかくの振袖姿、家族にもたっぷりお披露目しましょう。その時に、成人した感謝の気持ちを伝えられたらいいですね。
脱いだ振袖は、室内できもの用のハンガーにかけておいて。もし汚れていたら、シミ抜きやクリーニングなど、JKSの加盟店におまかせください!

夜は家族でゆっくりと成人式の思い出を語って

NEXT → きものレスキュー