• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    小物

    2022.4.12

    成人式の振袖にショールはアリ?種類や選び方を解説

    振袖とショール

    ショールとは、肩に掛けて着用する衣類のことを指します。ストールなどと混同されることがありますが、ストールと比較して大判で厚みがあることが特徴です。

    「振袖には付き物」という印象があるショールですが、本来は「肩掛け」として着用するアイテムのショールに、振袖着用時の必要性はあるのでしょうか。

    現在では豊富なバリエーションが存在する振袖用ショールについて、その必要性から選び方まで、徹底的に解説していきます。

    振袖にショールを合わせるのは絶対必要?

    成人式の振袖姿といえば、ふわふわのショールを肩に掛けている姿が思い浮かびますよね。身に着けることで、より華やかさが強調されるショールですが、振袖を着るうえで絶対に必要なものなのでしょうか。

    振袖の着こなしのルールとしては、必ずしもショールを合わせなければならないということはありません。しかし、防寒という観点から、寒い屋外を出歩く際は身に着けておいた方がよいでしょう。

    ただし、ショールを身に着ける場合はマナーに注意してください。前述したとおり、ショールの本来の着用目的は「防寒」です。式典会場などの屋内に入る際は外しておき、着席時は膝の上に畳んで置いておきましょう。

    防寒のために必要とされるショールですが、昨今では振袖姿をより華やかに彩るためのファッションアイテムとして、着用が定番化しています。「映える」振袖姿を追及し、強いこだわりをもってショールを選ぶ方が増えています。

    振袖着用におけるショールの役割

    前章でも触れましたが、ここでショールの役割について再度整理していきましょう。

    防寒対策

    振袖は衿・袖・裾が広いため、局部的に寒さを感じやすい構造になっています。特に首まわりは後ろから風が入りやすいため、しっかりと防寒対策をしておくことが必要です。

    ショールを身に着けていれば首まわりの露出が減り、冷たい空気に接する面積が最小限となるため、格段に体感温度が上がります。寒さを極める1月初旬の成人式において、ショールは必須のアイテムといえるでしょう。

    装飾としてコーディネートを引き立たせる

    防寒具として重宝されるショールは、防寒対策としての機能面だけでなく、振袖姿をより引き立たせるためのファッションアイテムとしての側面も持っています。一生に一度のイベントで身に着ける小物なら、なるべくおしゃれに着飾りたいですよね。

    特にSNSでの写真投稿が盛んな昨今において、ショールはきらびやかさを演出する上での重要アイテムとされています。また、厚手でふわふわとしたショールを首まわりに掛けることで、小顔効果が期待できるともいわれています。

    振袖用ショールの種類と値段

    振袖用ショールには、様々な種類があります。それぞれの特徴や値段について解説していきます。

    ファータイプ

    ファーとは「毛皮」のことです。ファータイプの代表的なものとして、以下のような種類が挙げられます。

    フェザー(水鳥)

    水鳥ショール

    振袖用ショールとして最も多く着用されているのが、水鳥の羽毛を使ったフェザーショールです。他のファータイプより安価で、ふわふわとした見た目がかわいい定番の種類です。

    ラビットファー

    染色しやすい性質のため、黒やピンクなどのカラーバリエーションがあります。また、繊細で短い毛質による優しい手触りが特徴です。値段も毛皮の中ではお手頃です。

    フォックスファー

    フォックスファー

    艶があり美しい刺し毛と、柔らかな綿毛が特徴。長い毛足によりゴージャス感を演出できます。保温性と耐久性にも優れていますが、値段はフェザーやラビットファーと比較すると少し高めです。

    ベルベットタイプ

    ベルベットとは、上品な光沢となめらかな手触りが特徴の織物です。和装・洋装どちらにでも合わせやすいため、成人式の振袖用としてだけでなく、ドレス着用時などにも使えます。

    ワインレッドやブラックなどのシックな色のものが多いため、気品高い大人な雰囲気を演出したい方はぜひ試してみてください。

    ちりめん

    ちりめんとは、絹を平織りにして作った織物です。皺がよりにくく、しなやかで丈夫なため、高級呉服や風呂敷に用いられます。呉服として使われているだけに、着物に合わせる小物としてはぴったりの生地です。

    ちりめんショールを身に着ければ、純和風な上品コーディネートに仕上がりますよ。

    レース

    「エレガントな女性らしさ」が表現できることから、レース生地のアイテムは人気ですよね。もちろん、振袖用ショールにもレース生地のものがあります。

    レース生地のショールは、様々な柄や色のバリエーションが選べるので、他の人にはない個性を出したい方におすすめです。ただし、シースルー部分が多いという特性上、防寒としての機能性が低い点に注意が必要です。

    カシミア

    高級毛織物の代表格として名高いカシミア。独特のぬめり感があり、非常に心地よい肌ざわりの生地です。軽く、暖かく、上品な光沢があるため、とにかく品質重視の方にはカシミアのショールがおすすめです。

    質の高い素材であるだけにお値段も高めですが、大人の仲間入りを果たす成人式において、より高い意識をアピールできるアイテムでもあります。

    振袖着用におけるショールの色選びのポイントは?

    振袖用ショールにはタイプによって様々な色のバリエーションがあります。それぞれの色の特徴やポイントについて知っておきましょう。

    白は、振袖用ショールにおける王道の色です。レフ板効果により、肌がきれいに見えたりイキイキとしている印象になります。

    グレー

    服を選ばず合わせられるマルチな色がグレーです。暖色系にも寒色系にも合わせやすく、普段使いも考えるならグレーがおすすめ。

    黒は、シックな大人っぽさを演出する上で有効な色です。アウトラインを引き締める効果にも期待できます。

    ベージュ

    ベージュの小物は、優しく、温かみのある印象を与えます。ふんわりとナチュラルなコーディネートにしたい方におすすめです。

    ピンク

    かわいらしさ、女性らしさを印象づけたいならピンクのショールもアリです。個性を主張することにも一役買います。

    ショールを選ぶ際の注意点:首元が映えるショールを

    振袖用のショールは、本来防寒を目的として用いられるものですが、やはり一生に一度のイベントに少しでも華やかな装いで参加したいという思いから、多くの方が身に着けています。

    女性の首元を美しく見せる着物としての構造を崩さぬよう、後ろ衿の「衣紋(えもん)」の外周を沿うようにして掛けることがマナーとされることもあるため、振袖用ショールは長めに設計されています。

    しかし、真冬の冷たい空気に首元を晒しておくのはとても辛いため、衣紋を上から覆ってしまっても問題はありません。衣紋を覆ってしまっても、振袖姿全体としての華やかさを損なわないよう、なるべくおしゃれなショールを選びましょう。

    振袖用ショールは購入・レンタル?

    振袖用ショールの必要性が理解できたところで、購入するべきか、レンタルするべきかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。どのようなことを基準に購入とレンタルの判断をすればよいか解説していきます。

    まず、購入がおすすめな方は、成人式以外でも着用することを考え、長く使いたい方です。「振袖用」とはいえ、ショールはタイプによってドレスや普段着の洋服にも合わせやすいものがあります。

    普段使いできそうなショールが気に入ったのなら、思い切って購入してみるのもよいでしょう。

    レンタルがおすすめな方は、振袖姿の華やかさを最大限に引き出す、一度きりの成人式にぴったりのショールを選びたいという方です。やはり振袖用ショールの定番といえば、ふわふわした白いフェザーショールです。

    普段使いするには難しいタイプのショールでも、成人式の場で着用するなら最高の引き立て役になります。

    どうしても判断に迷う場合は、どんなショールがあるのか、まずはしっかり調べてみましょう。着物店・呉服店について調べるなら、「日本きものシステム協同組合」の加盟店がおすすめです。

    和装文化発展の取り組みが評価されている「日本きものシステム協同組合」加盟店なら、高品質な商品を低価格で提供している優良店ばかりなので、安心してお気に入りのアイテムを選ぶことができます。

    振袖用ショールを決めるタイミングは?

    振袖用ショールを購入・レンタルされる方の多くは、振袖を選ぶ時に同時に決めています。振袖を選ぶにはとても時間がかかるため、早めの準備をおすすめします。

    特に購入を検討される方の場合は、振袖の仕立てに時間がかかるため、、成人式の半年前、遅くても3ヵ月前までには決めておいた方が良いでしょう。

    レンタルの振袖を選ぶ時期として問い合わせが集中しやすいのは、1~3月頃です。貸し出しを終えた振袖が返却されるシーズンのため、選べる種類が豊富になります。

    レンタルを検討される方は、参加する成人式の前年の1~3月頃に考えてみてはいかがでしょうか。

    写真映えと振袖姿を綺麗にするためのポイント

    女性ならなんと言っても気になるのが、「写真映え」。お気に入りのショールを選んだら、なるべく綺麗でかわいい写真が撮れるように心がけたいですよね。振袖姿を綺麗に撮るポイントの一つは、佇まいです。

    全身を撮る場合は、真正面から撮るのではなく、少し角度をつけて斜めに立つことがポイントです。シルエットがシャープになり、振袖の柄も映えるため、美しい写真が撮れます。

    バストアップ写真ならショールを意識した撮影がおすすめ。ボリュームたっぷりの白いショールなら、多少顔に近づけることで小顔効果・美肌効果に期待できます。

    また、グレーや黒などのシックな色合いのショールなら、あえて首まわりに余裕を持たせてゆったりと掛けることで優雅さをアピールすることもできます。

    まとめ

    今回は、振袖用ショールの必要性や種類、購入・レンタル時の選ぶポイントなどについて解説しました。基本的には防寒対策として着用するショールですが、やはり「晴れの日」に身に着けるものならおしゃれなものを選びたいですよね。

    現在では様々な種類、カラーバリエーションのショールが存在するので、当記事を参考に、ぜひお気に入りのショールを見つけてみてください。

    種類によってはお値段も気になるところですが、せっかくのイベントですから、糸目をつけずに選んでみてはいかがでしょうか。

    記念すべき日の振袖姿が、お気に入りのショールによって、より輝くことを願っています。