• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    選び方

    2021.6.25

    小振袖とは?着物の種類や着用シーン、オススメ色や柄などをご紹介!

    小振袖とは?着物の種類や着用シーン、オススメ色や柄などをご紹介!

    着物の一種である振袖には大きく分けて大振袖、中振袖、小振袖の3種類があります。この記事ではその振袖の中でも「小振袖」という振袖について、概要や特徴、利用シーンなどを解説します。また、小振袖のオススメのデザインや色の種類についても紹介します。

    小振袖とは?

    小振袖とは?着物の種類や着用シーン、オススメ色や柄などをご紹介!
    黒色の振袖をチェックする

    まず、小振袖とはどのような着物なのかという内容を解説します。

    振袖は未婚女性の第一礼装で、きらびやかな文様や柄が全身に描かれた非常に美しい着物です。その長くなった袖のデザイン形状は若さの象徴とされています。

    振袖は袖丈の長さでその種類が大振袖、中振袖、小振袖と分けられますが、小振袖はそれらの振袖の中で一番袖丈が短いものになります。なおその読み方は、小振袖と書いて「こふりそで」と読みます。

    小振袖の袖丈は76cm程度となっており鯨尺(くじらじゃく)という単位の長さでは一尺が約38cmであるから、二尺分の長さです。そのため、小振袖は別名で二尺袖(にしゃくそで)とも呼ばれます。

    まず、小振袖の特徴は、袖丈が短いため大振袖や中振袖と比較した際に動きやすいといった点が挙げられます。そのため、卒業式などの移動が多いイベントでは、動きやすさを考慮した上で小振袖を選ぶ方も多いです。

    さらに小振袖は見た目の印象が軽やかになる他、袴と組み合わせて着ることで、大振袖や中振袖と比べて可愛らしい雰囲気を纏えます。袴との組み合わせを考えて、自分だけのお洒落を楽しめるのも小振袖ならではといえるでしょう。

    小振袖はフォーマルな場所以外でも気軽に着用できるという特徴もあります。例えば、ちょっとしたパーティーや観劇を見に行く際にも適切な一着となります。

    関連記事:中振袖とは?成人式から結婚式まで利用できるシーン5選

    関連記事:大振袖とは?着物の種類や着用シーン、オススメ色や柄などをご紹介!

    小振袖の利用シーン

    次に小振袖の利用シーンについて解説します。小振袖は主に高校や大学、専門学校などの卒業式で着用されることが多い振袖です。

    卒業式で小振袖を着用する場合には袴(はかま)と組み合わせられることが多くなっています。袴は明治、大正時代の女学生の制服であったため、小振袖との組み合わせ若々しい雰囲気が醸し出されます。


    また、小振袖や袴と合わせて、足もとには足袋に草履またはブーツを組み合わせることが一般的です。かつては式典などの儀式などでは足袋に草履が標準でしたが、近年ではブーツ組み合わせておしゃれを楽しむ方も増えてきています。

    先に、小振袖は卒業式で着用されることの多い振袖と述べましたが、近年では結婚式でゲストとして呼ばれる際に着用される方も多くいます。また、観劇やお茶会、パーティーなどのセミフォーマルなイベントにも着れるため、一着持っていると重宝することが多いでしょう。

    関連記事:卒業式の袴の選び方は?袴選びのコツや被らないポイントなどを解説

    関連記事:「卒業式の袴」予約集中期間!おしゃれなカラーリング見本★

    関連記事:疲れ知らず☆下駄や草履を上手にはこう 下駄選び、草履選び

    関連記事:袴にはどんなブーツが似合うの?袴にブーツスタイルのメリット・デメリット

    オススメの小振袖2選!

    ここではその中でも卒業式と結婚式、それぞれのシーンにあったオススメ小振袖(デザインや色など)を紹介します。

    卒業式でオススメの小振袖

    卒業式でオススメの小振袖
    黄色の振袖をチェックする

    卒業式では小振袖と袴を組み合わせるのがオススメです。その二つの組み合わせを考える上で、自分にぴったりな柄や雰囲気を次のようなジャンルから選べるとよいでしょう。

    • レトロ系の柄(昔懐かしい、昭和チックなデザインでお洒落を演出できる)
    • かわいい系の柄(清楚で愛らしい雰囲気を演出できる)
    • モダン系の柄(これまでの着物と一味違う洋風で現代的なデザインを楽しめる)

    小振袖と袴の組み合わせだけでも十分にお洒落を楽しめますが、足袋と草履の組み合わせなのか、ブーツを履くのかといった点や小物まで考慮するとよりレパートリーが増やせるはずです。

    関連記事:今ダヨ★ 秋がピーク!卒業式の「袴」レンタル事情

    関連記事:卒業式に袴を着る人・必見!袴スタイルの人気髪型予報~!

    結婚式でオススメの小振袖

    結婚式でオススメの小振袖

    次に結婚式でゲストとして参加する際にオススメの小振袖の柄(デザイン)を紹介していきます。下記に挙げる柄は結婚式に着ていくのにピッタリなデザインです。

    • 花柄(定番の柄模様。種類も多く好みのデザインが見つけやすい)
    • 古典柄(鶴や亀、松竹梅などの柄はおめでたい席にぴったりの柄)
    • モダン系の柄(現代風デザインでお洒落に。花嫁が主役であることは考慮が必要)

    結婚式では写真を撮影することも多いでしょうから、顔映りのよい色合いを選ぶこともポイントの一つになります。

    なお、結婚式でゲストとして小振袖を着用する際には、一点注意点もあります。それは、結婚式の主役である花嫁より目立たないようにすることです。

    結婚式にゲストとして招待され小振袖を着ていく際には、事前に花嫁に振袖の着用の有無やその色などを確認しておくとよいでしょう。

    また、白や黒の小振袖は花嫁やその親族の着物の色とかぶる可能性もあるので避けるのが無難です。

    関連記事:振袖は何歳まで着られる?結婚式・結納、初詣で振袖を着てもいい年齢

    関連記事:振袖姿には華が満開☆「桜柄・桜モチーフ」の小物がかわいい!

    関連記事:選ぶ前に知っておきたい!「振袖の柄」の種類と意味④【お花編】

    関連記事:振袖の種類や着用シーンについて解説。適正年齢やマナーなども紹介。

    小振袖の購入・レンタルならJKSへ!

    小振袖を検討している方は、ぜひJKSをご利用ください。

    振袖専門店へ訪れる際に、「来店したら、決めなければいけない」と感じるかもしません。しかし、JKSでは、来店時にその場で決めなければいけないということはなく、自分にあった振袖を担当者と一緒に考えながら、自分のペースで選べます。

    <日本最大の振袖専門店グループ!>

    JKSは長年にわたり、メーカと共同でオリジナル商品を開発しています。

    また、振袖を一括仕入れをしている日本最大の振袖専門店グループであるため、品質の良い振袖をリーズナブルな価格で提供できます。

    <豊富な品揃え!>

    JSKは全国規模の振袖専門店グループであり、高級品の振袖からレンタル振袖まで幅広いジャンルの振袖を取り扱っています。豊富な品揃えであるため、他人とかぶらない振袖を選べるメリットや自分に合った振袖を見つけられるメリットがあります。

    <日本最大の着物ネットワーク!>

    JSKは全国の有力店が集まる日本最大のネットワークを有しています。そのため、新しい柄や流行のスタイルなど、振袖にまつわる最新の情報を常時チェックできる体制が整っており、トレンドを押さえた振袖をご提案できます。

    <厳選された振袖のラインナップ!>

    JKSは京友禅、十日町友禅など、JKS加盟店が自分たちの目で厳選した品質の振袖だけを取り扱っており、量も豊富です。トレンドを押さえるだけではなく、品質にもこだわっているため、着物の着心地の良さも体験できます。

    <成人式で振袖のかぶりが出ない!>

    JKSでは、振袖の「一地区一柄限定」というシステムを導入しております。成人式で集まるエリア内で、同じ色や柄の振袖をお召しになる方が出ないように、各地域で同じ振袖が2点以上出回ることがないというシステムです。そのため、誰とも違う自分だけの振袖姿をご堪能いただけます。

    <振袖の帯の柄も豊富にある!>

    JKSでは、振袖を豊富に揃えているため、人気の柄が手に入ります。また、自分が着たい振袖の色やイメージが決まっている方は、こちらのツールを使うことで、より詳細に振袖を決められます。このツールでは「与えたい印象」や「カラー」の2点から、振袖を調べられます。与えたい印象では、プレミアムやファッショナブルなど、全4カテゴリーからを選択できます。また、カラーも全4カテゴリーからを選択でき、人気色である赤色や青色だけではなく、周りとかぶりにくい色(紫色など)もあります。

    振袖をイメージとカラーで選びたい方はこちら

    <サービスやアフターフォローも充実>

    ご購入時にはJKS加盟店独自の様々な特典を用意しており、アフターフォロー(振袖のお手入れや管理)も万全です。また、振袖の購入だけでなく、振袖のリフォームやメンテナンスのご相談もお気軽にしていただけます。前撮りから当日の着付けまでを一括で行えるため、まとめてのご依頼も可能です。