小物コーディネート

2018/6/22(金)

振袖コーデのオタノシミ♪

帯まわりの小物マッチング大研究

振袖に合う帯を決めたら、コーディネートはほぼ完成?
いえいえ、振袖のコーデは、衿元には半衿や重ね衿、帯まわりには帯揚げ、帯締めというアイテムがあります。
振袖の小物は、顔映りや全体のイメージを大きく左右するので、と~っても重要なんです。

今回は、帯まわりの小物をご紹介します。
帯を選ぶ時にも、帯ですべて完結するのではなく「小物との組み合わせ」を頭において色や柄の組み合わせを考えると楽しいですし、トータルであか抜けた着姿になります!

帯揚げ、帯締め

振袖の小物には、それぞれ着付け上の役割があるのですが、見た目で解説すると…

【帯揚げ】は、帯の上側に入れ込んである、またはかぶせてある布地のこと。

【帯締め】は、帯の中心をぐるりと一周して結んであるもの。

まずは、見た目で覚えてみてください。
どちらも振袖姿で目を引く小物です。

帯締め、帯揚げコーデ

帯揚げも帯締めも、いろんな素材、柄、モチーフのものがあります。
きもの専門のJKS加盟店では、それら小物のラインナップも充実しています!

そして、コーディネートのポイントは...

①同色でそろえて、振袖の柄行を際立てる

振袖の柄行が全身にわたって華やかなもの、特に色がたくさん使われている振袖は、帯揚げ&帯締を同色にしてみましょう。色は、振袖の絵柄に使われているアクセントカラーをセレクト。
同色といっても、帯揚げも帯締めもデザインは凝ったものが多く、絞り、金彩、刺繍などの装飾が華やか。帯締めも帯揚げも、どの部分を見せて着付けるか、また結び方を変えることで、イメージを変えることもできます。

コーデ例

☆コーデ例☆

振袖の柄から、お花のブルーをピックアップした小物づかい。
この緑がかったブルーは、小物の人気色でもあります。
形はシンプルに見えますが、帯揚げも帯締めもゴールドのラインが入っていて、振袖のモードな柄行を引き立てています。コーデのこだわりと、ハイセンスさを感じる取り合わです。
インパクト柄の振袖は、まずは同色の小物合わせでコーデの糸口を見つけましょう!

コーデ例

☆コーデ例☆

振袖のテッパンとも言える、赤の古典柄。帯揚げや帯締めで、ガラリと雰囲気を変えることができます。
裾とたもとの紫色に小物を合わせたコーデは、大人の女性の魅力を感じる色合いです。
想像してみてください。小物を緑にしたらフレッシュなイメージ、黄色やピンクはかわいい系…と、いろんなバリエーションが考えられますよね!
帯選びの時からなんとなく小物の色もイメージしていると、スムーズに理想に近づけるかもしれません。

②差し色効果で、あかぬけスタイリング

帯を決める時に「ちょっと地味かな?」と思っても大丈夫。そこから小物でアクセントを加えるとかっこよく決まるんです!顔映りに効果を発揮するのは帯揚げ、全身のスタイルアップには帯締め。それぞれの役割をしっかり考えて選べば、バランスよく、こなれた雰囲気のコーディネートが完成します!

コーデ例

☆コーデ例☆

振袖は紺地にやわらかな花柄。帯は振袖の柄行より淡く、明るい色合いのものを選んでいます。
そこにしっかりとコントラストのつく黄緑の帯締めをオン。ちょっとビビッドな色合いや、かわいいモチーフがアクセントになっています。
帯揚げは、オレンジ色と水色のストライプ柄。ちょっとかわいくて、ヘアメイクがオシャレに映える雰囲気です。

コーデ例

☆コーデ例☆

最新作振袖から、ミステリアスな紫の振袖の着こなしをご紹介。青やゴールドを駆使してシャープに描かれた絵柄。衿のあたりもこっくりとした紫なので、柄行と同じトーンで小物をコーディネートすると、ちょっと重い印象になってしまうかもしれません。
ここは帯揚げに明るい色を☆ 振袖から浮かず、でもしっかりとアクセントになるツートンカラーの帯揚げを選びました。しぼりの風合いにより、紫はやわらかな印象に。黄色は、あるとないでは大違い!(指で隠してみてください)。はつらつとした二十歳の表情には、この明るさがよく似合います。

奥深くて楽しい、帯揚げと帯締めのコーディネート。
実際に振袖を着てみたり、その部分を意識してカタログ等を見てみると、イメージがつかめると思います。

もちろん、皆さんが振袖選びや試着をされる場合は、
JKS加盟店のスタッフがお好みの雰囲気に合わせてご提案させていただきます!
「こんな雰囲気が好き!」「こういう色合わせはOK?」など、みなさんのイメージをぜひお聞かせくださいね。

【顔映りを大きく左右する「半衿」のご紹介は】
→ コチラ

■全国のJKS加盟店一覧は
→ コチラ

MORE NEWS & TOPICS