ママ振り Re Style

2019/2/22(金)

きもの専門店の“Re-Style”で

おしゃれにママ振りを着こなそう

成人式で、あんまり見かけない柄だな、レトロでおしゃれだと思ったら、
お母さまの振袖を着ている場合があります。

お母さま世代の振袖は、今店頭で見かける振袖とは違う雰囲気があります。
色合いや柄行にはその時代の個性があって、
今の感性では“レトロでおしゃれ”に映ります。

また、とても質のよい振袖をお持ちの方が多いのも
ちょうど皆さんのお母さま世代。
ぜひ、二十歳の記念に「振袖を受け継ぐ」ことを考えてみてはいかがでしょうか。

わたしたちJKS加盟店は、お母さまの振袖を着こなすために
きもの専門店ならではの知識と技術力をもって、
“まるごとサポート”させていただきます。

リスタイル1

それを「Re-Style(リ・スタイル)」と呼んでいます。

■まずは、振袖そのものを「Re-Style」
振袖の状態によってクリーニング、洗い張りなどを行い、
生地をすっきりとよみがえらせます。
鮮やかさや、つや感、においなどもクリアになり、
経年した振袖が、見違える印象になります。

洗い張り

▶動画で見る
【洗い張り】
https://www.youtube.com/watch?v=IddZMt-mW8M

【きものクリーニング】
https://www.youtube.com/watch?v=fBg8gJ4ZCvc

また、部分的なシミ抜き、きもの全体の色を染め替えるなどの
専門技術を駆使して、振袖をさらに美しく輝かせ、
お好みに合わせたリ・スタイルを行います。

染め替え

■コーディネートを自由に「Re-Style」
帯は素材が進化し、長さ、厚み、重さなどが変わっています。
帯を新調すると、可愛い飾り結びもできて華やかさがアップ。

小物は、お嬢さんの好みで選ぶと新鮮なコーディネートになります。
とくに、お顔まわりである衿の小物を変えると
印象が大きく変わり、お嬢さんのお顔立ちに合った「リ・スタイル」ができます。

帯は思い切って大胆な柄をセレクト。
小物はハイコントラストな差し色を使うと、粋な着こなしに。

もちろん、これ以外にも気になることがあれば
なんでもご相談ください。
身長や体格の違いのお悩みも、すっきり解決いたします。
振袖本来の輝きを生かした、新たな着こなしで
大切な振袖を受け継ぎましょう。

お母さまの振袖と、お嬢さまご一緒にJKS加盟店にお持ちください。

■全国のSHOP一覧
https://www.furisodeshop.com/shop/map

MORE NEWS & TOPICS