振袖選び

2019/4/19(金)

GWの振袖選びが楽しくなる♪

「似合う!」「この柄がいい!」が分かる見比べポイント

いよいよ迫る大型のゴールデンウィーク☆
たくさんの方が振袖選びを予定してくださっていると思います。
振袖選びが初めての方も、2回目、3回目の方も、よい出会いがありますように~。

【振袖選びが初めて】という方へ。

まずは、いろんな色の振袖を試してみることをオススメします。
好きな色はもちろん、真逆の色、普段は選ばない色も、ぜひ試着をしてみてください。

色選び

たとえば「赤がいいな」と思って来られた方が
“黒”を着てみたら「やっぱり赤のほうがいい」と納得。
“青”を着てみたら「顔映りがいい!衿や髪飾りに赤を入れたら、青もアリかも」と
気付くことがあります。

振袖は、柄行、帯・小物や髪飾りトータルでコーディネートしますから、
地色だけにこだわらずに選ぶと、可能性が広がります。
かわいい=赤やピンク、 クール=青や黒
と限らないのが振袖の面白いところなんです☆

かっこいい【赤】の振袖 or 
ガーリーな【緑】の振袖

着比べてくれたのは『ニコラ』モデルの多田成美ちゃん。
イメージを左右するのは振袖の地色だけじゃないんです!
いろんな柄を見て、考えてみてくださいね。

振袖選びの時に、私たちスタッフが「この色もお似合いかも」と思うものを
ご提案させていただくこともあるかもしれません。
よければ、ぜひトライしていただければと思います。

【複数の振袖で迷ってる】という方へ

似た雰囲気の振袖で、どちらか決めかねている場合は、
細かくポイントを比べていきましょう。

きっと、気に言っている雰囲気のものなら、どちらを選んでも正解です。
でも、コレ!という後押しが欲しい場合は、以下のポイントを比べてみましょう。

たとえば、この2つの白地の古典柄で見比べ。
使われている色合いも似ていて、どちらか選ぶ時、何をポイントにしますか。

①衿元~肩あたりの柄

顔まわりは、スッキリしたデザインが好み? 華やかなほうがいい?

これは実際に羽織ってみないと分かりません。
帯より上だけ鏡に映して見比べると、けっこう違いがあります。
顔映りはやっぱり重要。しっくりくるほうを見つけましょう。

②刺繍や金彩、染めなどの技法

振袖の醍醐味、職人技を吟味してみましょう。

手に取って見てみると分かる刺繍や、金箔、摺り箔など。
振袖ならではの豪華さを見比べるのも一つ。
右側の振袖は、貴重な職人技「桶絞り」による染めです。
振袖の技法は、店舗スタッフがしっかりとご説明させていただきます。

そのほか、左右のたもとを広げて見比べるのもGOOD!
実際に着てみた時の身頃の柄の出方、全体のバランスチェックも必須です。

振袖選びには、色、柄、技法・・・さまざまなサプライズがあります。
ぜひ一つひとつの出会いを楽しんで、
お気に入りの一枚を選んでいただけますように。

JKS加盟店一同、みなさまのお越しをお待ちしております。

■ご来店予約は全国のJKS加盟店へ。
https://www.furisodeshop.com/shop/list

MORE NEWS & TOPICS