卒業式

2018/3/09(金)

[祝・卒業]

袴を着たら、しぐさや動作も大人のマナーで。

まちは卒業シーズン!
袴を着て卒業式に行く女子をたくさん見かけます。
みなさんおしゃれな袴姿で、ちょっとレトロな雰囲気がと~ってもキュートですよね!

袴は、成人式に着る振袖と合わせたり、
二尺袖という短めの袖のきものと合わせるのもOKです。
街角ウォッチをしていると、きものと袴の色合い、重ね衿や帯、ブーツか草履か、
など、さまざまなポイントが気になります。
そう、袴はおしゃれするポイントがた~くさんあるんです!

★JKSのこれまでの記事でもご紹介しています
袴のカラーリング
髪型/ヘアスタイル

袴はプリーツ状のロングスカートになっていて、
振袖よりも歩きやすいのが魅力でもあります。
ブーツ姿でさっそうと歩く姿も見かけますよね!

そうそう、動きやすいので、最初は気を付けていても
だんだん大股歩きになって、ついプリーツを整えずに座ったり、裾を踏んでしまったり…

…ということにならないように、気を付けてくださいね。
せっかくきれいな袴姿なのに、着崩れの原因になってしまいます。

袴を着る時は、振袖を着るときと同じ。

いつもより動作やしぐさは「ゆっくり」と。
座る、立つ、階段の上り下りは必要があれば
手を添え、裾やたもとを持って!!

とくに、階段を下りる時は草履でかかとを踏みそうになるので、脇から袴に手を入れて少し持ち上げるようにしましょう。
かかとに引っかかってしまうと、着崩れの原因になりますよ。

とはいえ、あんまり深く考えたり、気にし過ぎないように楽しみましょうね。
袴姿での卒業式が、学生生活で最高の思い出になりますように!

いつもより「ゆっくりと」。
立つ、座る、階段の上り下りは、必要なところに手を添えて。

これだけ頭の中で意識しておくだけで、
ずいぶん袴でのしぐさやマナーが変わりますよ。

あとは、「振袖のマナー」もご参考に!
https://www.furisodeshop.com/furisode_after/furisode_after01.html

MORE NEWS & TOPICS