小物コーディネート

2018/3/23(金)

失敗しない振袖コーデ

黄金配色ってな~に?

たくさんの振袖から、色を選んで、柄を選んで。
やった、決まったー!と思ったら「小物を選びましょう!」って、
ナニ? ナニ??

小物でどう違うの??だいたい決まってるんじゃないの?

って思う方もいるのではないでしょうか。

小物の前に、まず振袖に合わせる帯を決めるのが普通。
これがまた、JKSの加盟店にはいろ~んな色、柄の帯があるんです。

でも大丈夫。振袖を試着した時に、その場でいろんな帯を当ててもらえます。
帯でガラッと振袖の雰囲気が変わるので、ぜひよくチェックしてください!

そして、振袖と帯が決まれば小物選び。

■振袖のパーツと名前は、↓のページで確認しておきましょう!
https://www.furisodeshop.com/furisode_before/furisode_before01.html

半衿、伊達衿、帯揚げ、帯締めあたりの色合いを決めます。
ここで、まずは「黄金配色」を見ておくことをオススメします。

●振袖の小物コーディネート “黄金配色”とは

・振袖の地色・帯とコントラストがある色
・柄行のポイントカラーになっている色
を、一つ差し色として入れましょう。

帯揚げ、重ね衿あたりに差し色を入れるとキレイ。

この振袖でいうと、葉っぱの「緑」ですね。
重ね衿は、明るい黄緑なのでお顔映りも華やかです。

あとは、振袖と帯の印象と近い色、安心する色を入れてみましょう。

帯の上から締める帯締めは、えんじ系の赤×ゴールドに。
顔のすぐ下の半衿は、白地にゴールド

これだけで、すっきりとしていて、かつおしゃれ色の緑も聞いた豪華なコーディネートになります。

うんうん、「赤」×「緑」×「ゴールド」はまさに和の黄金配色って感じがします。

これに、もう少しかわいい印象にするなら「黄色」の差し色。
大人っぽくするなら「紫」や「黒」といったカラーを持ってくるといいでしょう。

こうして、黄金配色からご自身の好みに合わせてアレンジしていくと、振袖コーディネートがしっかりまとまりますよ!

しっかり疑問を解決していくことが、素敵な振袖姿の実現につながります☆

はじめての振袖選び。
わからないことがたくさんあって当然です。
お嬢さまも、お母さまも、どんな些細なこともJKSのスタッフにお尋ねください。

春休み、みなさまのお越しをお待ちしています。

MORE NEWS & TOPICS