• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    選び方

    2022.6.14

    からし色の振袖が人気!レトロ可愛い着こなしのコツや選び方をご紹介

    振袖_からし色

    成人式の振袖といえば、赤やピンクなどの華やかなカラーが定番ですが、最近はちょっぴり個性的なからし色の振袖を選ぶ人も増えています。

    からし色というと、「渋い印象になりそう」「若々しく着こなすのが難しそう」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、そんなことはありません。からし色はトレンドのレトロ柄との相性がよく、華やかな大ぶりの柄でも派手になり過ぎず大人っぽく着こなすことができるので、成人式の振袖に選ぶ色としてもとてもおすすめのカラーです。

    そこでこの記事では、からし色の振袖にフォーカスし、からし色の振袖が与えるイメージや似合う人の特徴、選び方やコーディネートのポイントなどについて詳しく解説していきたいと思います。

    「からし色の振袖が気になる」「エッジの効いた着こなしを楽しみたい」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    からし色の振袖はどんな印象を与える?

    まずは、からし色本来の特徴とからし色の振袖が与える印象について説明します。

    からし色が持つイメージって?

    からし色には、「和の雰囲気」「落ち着き」「渋さ」といったイメージがあります。また、あたたかみを感じさせる色なので、心を穏やかにさせるという効果も。ファッションに取り入れると、落ち着いた上品な大人の雰囲気を与えられます。

    からし色の振袖のイメージは?

    落ち着いて品がある

    黄色の振袖よりも可愛くなりすぎず、オレンジのように派手になりすぎないのも、からし色の特徴です。和の雰囲気もありながらほどよい華やかさを合わせもっているので、上品かつゴージャスな印象を与えられます。

    レトロな着こなしが似合う

    落ち着いた和の雰囲気を持つからし色には、レトロな着こなしがマッチします。やわらかく深みのあるからし色は、渋さのなかに凛とした美しさを表現でき、まわりとは一味ちがう着こなしが楽しめます。

    からし色の振袖はどんな人におすすめ?

    からし色の振袖は、黄みがかった肌をもつイエベの人におすすめです。イエベのなかでも肌の色が暗めなオータムタイプの人にはこっくりとした深みのある色が、肌が明るめのスプリングタイプの人にはクリームイエロー寄りの明るい色が似合います。

    イエベタイプの人の特徴は以下の通りです。

    ・肌の黄みが強い

    ・瞳の色が深みのある黒髪や黒に近いブラウン

    ・アクセサリーはシルバーよりゴールドが似合う

    ・日焼けしたときは小麦肌になる

    しかし、イエベではないからといって、からし色の振袖が着られないということはありません。からし色は、地色のカラーやトーン、柄の色などによって雰囲気が変わるため、どんな人でも似合うカラーでもあります。ブルベさんの場合は、からし色のなかでも青みの強い色味を選ぶと肌なじみがよく、透明感の高い肌が際立ちます。

    振袖のカラーは、赤やピンクが定番です。からし色を選ぶ人は多くないので、周りと被りたくない人や個性的な着こなしが好きな人にもぴったり。またピンクやクリーム色のように可愛すぎる色が苦手な人にもマッチするでしょう。

    からし色の振袖の選び方

    振袖は柄や色使いによって印象がガラリと変わります。基本的には、身長が低めの人は明るいカラーに小ぶりな柄が、身長が高めの人はコントラストの効いたカラーに大ぶりの柄が似合うとされています。この基本を意識すれば、自分の体型にあった柄の振袖を見つけやすいでしょう。

    それぞれの柄を紹介しているので、振袖を選ぶときの参考にしてみてください。

    ピンク系の花柄

    からし色の振袖を可愛く着こなしたい人には、ピンク系の花柄がおすすめです。からし色の落ち着いた雰囲気に、やさしい色使いのピンクが入ることで、キュートなイメージがプラス。大人っぽくも女性らしいフェミニンな装いにまとまります。

    ピンク系の花柄

    大胆な色使いのレトロ柄

    和の落ち着いたイメージがあるからし色には、大胆なレトロ柄にもマッチします。色味の強いインパクトのある柄でも、からし色なら品よく着こなせてモダンな印象に。ダウンスタイルのヘアにも合うので、個性的な着こなしが好きな人にもマッチするでしょう。

    紅型染

    メリハリの効いた鮮やかな色使いが好きな人には、沖縄の伝統的な紅型染がおすすめ。はっきりとした華やかな色使いがコントラストになり、地色のからし色がさらに際立ちます。文様や色彩に独特の雰囲気があるので、柄の個性を楽しみたい人にも向いています。

    無地

    柄物の振袖が多いなか、無地の振袖は存在感があり着るだけで目立ちます。帯や小物次第でまったく違った着こなしが楽しめるのも魅力的。インパクトのある帯締めや大きな装飾がついた髪飾りもよく映えますよ。からし色本来の渋さや落ち着きが全面に出るので、大人っぽく着こなしたい人にぴったりです。

    ブルー系の花柄

    からし色ベースにブルー系の花柄が入っていると、華やかさがありながら大人っぽい着こなしができます。鮮やかな青がアクセントになり、爽やかでクールなイメージがプラス。肌の色になじみやすいので、ブルベさんにも試してもらいたいデザインです。

    ブラック系の花柄

    モダンな着こなしが好みの人には、ブラック系の花柄をチェックしてみましょう。落ち着いた印象のからし色に、ブラックが入ることでエッジの効いた大人っぽいスタイルが楽しめます。人と被りたくない個性派さんにも向いています。

    からし色の振袖のコーディネートのポイント

    続いて、からし色の振袖を着る際のコーディネートのポイントを解説します。小物選びに迷ったときの参考にしてください。

    髪飾りや小物は柄の色に合わせるのが基本

    基本的に、髪飾りや小物は振袖の柄の色に合わせると、統一感が出てまとまりやすいです。「小物の色を何にしたらいいかわからない」という人は、まずは振袖に使われている柄の色をチェックしてみましょう。

    また、重ね衿や半衿、髪飾りなどの顔周りの小物にはパーソナルカラーに合わせた色味を選ぶのがポイントです。得意なカラーを持ってくることで、肌の色が明るく見え顔映りがよくなります。さらに鮮やかな色をもってくると、メリハリが生まれ華やかさもアップしますよ。

    シンプルな着物はアレンジ次第で個性的に

    柄の少ないシンプルな柄の振袖であっても、合わせる小物次第で個性的な着こなしも可能です。下記のアレンジも参考にしてみてくださいね。

    ・帯周りでメリハリを出す

    シンプルな振袖には、柄の大きな帯が好バランス。落ち着いた雰囲気のからし色の振袖には、大きな柄があしらわれたゴールド系の帯がマッチします。また帯締めに反対色である青系のカラーをもってくるのもアレンジ方法の1つです。全体が引き締まりコーディネートのアクセントになりますよ。

    ・帯揚げや半衿で遊び心をプラス

    現代風に着こなしたい人は、帯揚げや半衿などで遊び心をプラスしても〇。最近はドット柄などの個性的な柄や、素材感の異なるレース調の小物も販売されています。とくに帯揚げはリボン風やフリル風など結び方のアレンジも豊富なので、トレンド感を出したい人はぜひチェックしてみましょう。

    ・洋風の小物を合わせてレトロモダンに

    からし色の振袖はレトロな雰囲気ともよく合います。ブーツや手袋、帽子などを合わせれば、一気に個性派レトロモダンスタイルに。シンプルな振袖だからこそ、小物の存在感が際立って、オシャレ度がグッとアップします。

    ヘアメイクは着こなしのイメージに合わせて

    最後に、からし色に合うヘアメイクのポイントを解説します。なりたいイメージを参考にしてみましょう。

    ・和テイスト

    和の雰囲気の着こなしを目指すなら、すっきりまとめたアップスタイルがぴったり。下に重さを出しつつ崩しすぎないことで、上品な雰囲気がプラスされます。和テイストにまとめる場合は、きっちりメイクが基本です。肌はセミマットに、リップはしっかり輪郭をとりましょう。短めの直線眉にくっきりアイラインで切れ長を意識したメイクにすると、からし色の持つ上品な和のイメージともマッチしますよ。

    ・モダンテイスト

    モダンテイストな着こなしなら、ぱっつん前髪やハイポニーなどエッジの効いたヘアスタイルがおすすめ。大ぶりの装飾がついた髪飾りも似合うので、周りとの差がつけられます。モダンな雰囲気の振袖は、インパクトのあるアイシャドウとも好相性。振袖と同じからし色を使うとより個性的な雰囲気に仕上がります。またあえてアイシャドウに色を使わず、アイラインを際立たせても◯。目尻のアイラインを跳ね上げて描くと、クールで印象的な目元を作れます。

    ・フェミニンスタイル

    可愛いらしさを重視するなら、ルーズ感のある編み込みヘアがぴったり。ゆるく丸みを帯びたシルエットにすることで、やわらかく洗練されたスタイルが叶います。

    メイクは、ピンク系でとことんキュートにしましょう。目元と口元をピンクで統一すれば、華やかで愛らしい雰囲気が作れます。ただし、からし色の振袖にピンク系のメイクをすると浮きやすいので、色選びやバランスには注意が必要です。ピンクで統一する代わりに、アイラインをしっかり入れチークの位置を高めにすることで、全体のバランスがとりやすくなりますよ。

    まとめ

    落ち着いた和の印象を与えられる、からし色の振袖。基本的にはイエベさんにマッチしやすい色ですが、ヘアカラーやメイク、顔周りの色の合わせ方次第で、ブルベさんでも素敵に着こなせます。また可愛いらしい雰囲気からエッジの効いたモダンなスタイルまで、色味や柄、小物の合わせ方によって、違った表情をみせてくれるのも魅力です。「可愛いすぎるカラーは苦手」「成人式は人と違った雰囲気にしたい」という人は、ぜひからし色の振袖を検討してみてくださいね。