小物コーディネート

2019/6/14(金)

色合わせで遊ぶ

おしゃれ振袖コーディネート

これからハタチを迎える皆さん、振袖選びは進んでいますか?
振袖が決まると、次は帯と小物選びが待っています。
帯や小物の色合わせは、見た目の印象を左右するおしゃれポイントです!
和装となると普段の洋服とは違い、難しく感じがちですが
色合わせのコツを覚えておけば、振袖を選ぶ時のヒントになります。
JKS加盟店では、プロのスタッフが振袖選びに合わせた小物たちをピックアップ、あなたの気になる小物類も合わせて一緒に選んでくれます。
ぜひトライして、雰囲気の違いを確認してくださいね。

同系色で合わせる

古典柄をエレガントに着こなしてくれた、平塚麗奈ちゃんとトラウデン直美ちゃん。
二人の帯まわりには振袖の柄や地色と同色のカラー。
全体的にすっきりとまとまり、上品なイメージになっています。
色合わせに困ったら、まずは振袖の中の色と合わせてコーデしてみましょう。

同系色1

帯、帯締め、帯揚げともに振袖で使われている「緑」「赤」「黒」を取り入れて。
シンプルスタイルにまとめました。

同系色2

鮮やかな振袖の「紫」に合わせて帯締めに同色を使いました。
帯揚げには同系色の「赤」を入れて、大人っぽく。

反対色でインパクトを

赤い振袖に緑がかった青の帯。多田成美ちゃんはメリハリの効いた着こなし。
明るく活発な印象になり、彼女らしさが出ていませんか?
下記のような反対色を使ってコーデすると、お互いの色を目立たせる効果があります。

色の組み合わせ
反対色

振袖模様に入っている松の柄と帯の青色がリンクされていたり、
帯締めやバッグに赤を使ったりと統一感をもたせて。
小物は1,2点だけ反対色を取り入れるのがポイント。

トーンをそろえる

色のトーンをそろえるコーデは、自分のなりたいイメージが演出できます。
淡い色、明るい色なら、やわらかく可愛らしい印象に。
濃い色、ダークトーンなら落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。

トーン1

全体的に淡いブルー系の配色でまとめた女性らしいコーディネート。
髪飾りもパステルカラーでそろえました。

トーン2

黒×ゴールドの組み合わせが大人っぽい。
シンプルになりすぎないように、帯揚げや髪飾りの赤でピリッとアクセントをつけて。

色を上手に組み合わせて、あなただけの振袖姿イメージをつくってみましょう。
1か月後の夏休み期間は、振袖の下見には絶好の機会です!
JKSの加盟店では、たくさんの色と柄の振袖数を揃えてお待ちしています☆
迷ったときやわからないときは、JKS加盟店のスタッフにも気軽に相談してみてくださいね。

■振袖コレクションはこちらから
https://www.furisodeshop.com/collection/index

MORE NEWS & TOPICS