• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    ヘアスタイル

    2022.5.10

    成人式までに髪はどれくらい伸ばす?スタイル別の最適な長さをご紹介

    女性_振袖

    成人式までに髪はどれくらい伸ばす?スタイル別の最適な長さをご紹介

    一生に一度の成人式は、理想の衣装、理想のヘアメイクで臨みたいもの。この記事では、成人式にヘアアレンジをするためには髪をどのくらい伸ばせばいいのか、長さ別におすすめのヘアスタイルやアレンジのコツなどを紹介します。

    一生に一度の成人式は、理想の衣装、理想のヘアメイクで臨みたいですよね。中でも髪型に関しては、ヘアスタイルによっては長さが必要になるため、「成人式までにどれくらい伸ばしたらいいんだろう」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

    必要な髪の長さはどのようなアレンジをするかによって異なりますが、そこまで長さを必要としないアップヘア、逆に長すぎると難しいアップヘアも存在します。

    そこでこの記事では、成人式にヘアアレンジをするためには髪をどのくらい伸ばせばいいのか、長さ別におすすめのヘアスタイルやアレンジのコツなどを紹介します。短めの方におすすめのアレンジも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    女性_髪型

    成人式の髪の長さはどれくらいがベスト?

    アレンジによって理想的な髪の長さは異なります。長すぎたり毛量が多かったりするとボリュームが出すぎてバランスが悪くなることも。まずは、人気のアップヘアに必要な髪の長さをチェックしておきましょう。

    高めの位置でアップヘアにしたい場合

    高めの位置でアップスヘアにしたい場合は、最低でも鎖骨にかかるくらいの長さが目安です。髪の毛を頭の上の方でまとめる分、長さが必要になります。さらにパーマやウェーブをかけることを考慮すると、胸にかかるぐらいまであると安心です。

    下めのアップヘアにしたい場合

    下めにまとめるアップヘアであれば、一番短くて肩にかかるくらいの長さがあればアレンジ可能です。編み込みの有無やボリューム感によっても変わってはくるものの、胸下まで伸ばす必要はありません。比較的チャレンジしやすいアレンジだといえますよ。

    成人式の前撮りに合わせて髪を伸ばそう

    せっかくの晴れ着は写真に残しておきたいもの。多くの人が前撮りをして写真を残すのではないでしょうか。前撮りをするのであれば、撮影日までに必要な髪の長さまで伸ばしておくことを忘れずに。1か月に約1センチ伸びるということをふまえて、準備しておきましょう。

    【アップヘア編】成人式におすすめのヘアアレンジ

    成人式の定番スタイルともいえるアップヘア。首元がすっきり見えるので、振袖にもよく合います。

    高めのアップヘアアレンジ

    しっかり高さを出すアップヘアは、華やかで可愛らしい印象に。髪の長さは鎖骨にかかるぐらい~バストぐらいが目安です。中央に逆毛を作ってボリュームを出すので、毛量が少ない人でも、長ささえあれば挑戦しやすいヘアアレンジといえるでしょう。フェイスラインの髪を残せば、小顔効果も狙えます。

    下めのアップヘア

    頭の下で髪をまとめるアップヘアは、落ち着いた印象がありながら、可愛らしさも表現できる、前撮りでも人気のアレンジです。どんな振り袖の柄や色にもなじみやすい特徴もあります。髪の長さは、肩につくぐらい~バストぐらいを目安にしましょう。髪が長すぎたり、毛量が多すぎたりすると、バランスが悪くなることもあるので要注意。成人式が近づいてきたら、美容室で調節してもらうと安心ですよ。

    ボリューム多めの下めアップ

    より和な雰囲気にヘアアレンジに挑戦したい人には、下にボリュームを出したアップスタイルもチェックしてみましょう。髪の毛はバストまでの長さが理想的です。下に重さを出しつつ表面を崩しすぎないことで、上品な雰囲気がプラスされます。顔周りや前髪もすっきりまとめるのがポイント。華やかな振袖に負けないように、全体のバランスを意識しましょう。

    【ポニーテールアレンジ編】成人式におすすめのヘアアレンジ

    最近の成人式のトレンドでもあるポニーテール。洋装・和装問わずあわせやすく、アレンジの幅が広いのが特徴です。髪飾りや小物にこだわることで、周りとの差もつけられます。

    ハイポニー

    洗練された個性を出したい人には「ハイポニー」がおすすめ。巻かずにストレートで下ろすとモードでかっこいい印象になりますし、たまねぎのようにボリュームを出すと可愛らしい印象になります。髪の毛を頭の高い位置で結ぶため、髪の長さは胸下~腰にかかるくらいまで必要です。「ハイポニーが気になるけど、今から伸ばしても間に合わない」という方は、エクステ(つけ毛)を使うことで対処できる場合もあります。

    ローポニー

    可愛らしさや大人ぽさを出したい場合には、頭の中間~下めに結ぶ「ローポニー」がぴったり。バストぐらいの長さがあれば、十分アレンジができます。

    紐を巻きつけた変形アレンジ

    トレンドを意識するなら、紐アレンジも要チェックです。ポニーテール部分に革紐や組紐などをプラスすると、今っぽさがグッとアップします。紐のカラーによっても雰囲気が変わってくるので、振袖の色合いや全身のコーディネートのバランスを考えて選んでくださいね。

    【ハーフアップ編】成人式におすすめのヘアアレンジ

    耳の上でまとめたハーフアップは、ほどよい抜け感があって上品な雰囲気に仕上がります。ロングさんの場合、振袖の柄を隠してしまうことがあるため、ボブ~ミディアムさんにおすすめのヘアアレンジです。顔周りをすっきりまとめると顔全体に光があたるので、顔色を明るくする効果も期待できるでしょう。

    編み込みハーフアップ

    ふんわりした編み込みを組み合わせることで、ショートヘアでも女性らしい華やかなヘアスタイルに。サイドを編み込むスタイルのほか、トップの編込みやカチューシャ風のアレンジなど、編み込む場所を変えることで雰囲気を変えられます。

    さらに毛先をハネさせればポップな印象になりますし、編み込み部分に細かいお花を入れたり、大きなバレッタなどの髪飾りをつけたりなど、ちょっとしたプラスαの違いでも個性を出すことができます。髪飾りはサイド1箇所にまとめると、際立ちますよ。

    くるりんぱハーフアップ

    くるりんぱとは、文字通り結んだ髪をくるんと入れ込むだけでできるヘアアレンジ。髪をねじったり編み込んだりする必要がないので、セルフでセットしたい人にもおすすめです。くるりんぱを連続させたり、ツイストやお団子をプラスするとより華やかなアレンジになります。

    女性_髪型

    ショートヘアでもできる成人式ヘアアレンジ

    ロングやミディアムほどアレンジは多くないものの、ショートヘアだから振袖に似合わないということはありません。

    最近はショートヘアのアレンジも充実しています。ショートヘアのアレンジは盛りすぎることがないので、そのままドレスに着替えても合わせやすいという利点もありますよ。

    編み込み

    ショートヘアでもある程度トップの長さがあれば、編み込みカチューシャやツイスト編み込みのアレンジも可能です。また両サイドから編み込みを入れると、ハーフアップ風のアレンジも楽しめます。編み込みがあることで立体的になり、横からのアングルでもかわいい写真が撮れるのも利点です。後ろの髪はそのままおろせば落ち着いた印象に、ふんわり巻いて動きを出すと華やかな印象になりますよ。

    フィンガーウェーブ

    フィンガーウェーブは、髪の毛の表面になでつけたような「うねり」を作るヘアスタイル。モダンで独特な雰囲気が出せると、近年の成人式で選ぶ人が増えています。ウェーブを大きめに作るとより華やかな印象になり、好みの髪飾りをつければ、アクセントになってオシャレ度もアップします。濡れ感のある後れ毛を出すことで色気も◎。よりトレンド感を出したい場合には、金箔をプラスすると今っぽさを演出できますよ。

    髪飾りをメインにしたスタイル

    アレンジはシンプルにおさえて、髪飾りをメインにしたヘアスタイルが映えるのもショートさんならでは。水引飾りや金箔、大きな生花などインパクトのある髪飾りをメインにすることで、オリジナリティのあるスタイルが作れます。

    ヘアカラーで主張するマッシュヘア

    アレンジをせず、髪の色や髪型そのものにこだわって個性を出すのも1つの方法です。人と被りたくないという場合は、振袖の色合いに合わせたビビットなインナーカラーを仕込んだり、全体をハイトーンにしたり、思い切ったカラーにしてみるのもおすすめ。マッシュヘアにすると、より世界観が際立ちますよ。

    成人式ヘアにとわられすぎず自由なスタイルを楽しむのもあり

    アレンジによって最適な長さはあるものの、ショートヘアであっても超ロングヘアであっても個性的なスタイルを楽しむ方法はさまざま。もし髪が短くても、ヘアピースやエクステを駆使すれば、ある程度なりたいスタイルに近づけることもできます。「成人式までに絶対ロングヘアにしなきゃ」ととらわれすぎず、美容室で相談しながら今したいヘアスタイルを楽しむのも大切です。

    まとめ

    どれくらい髪の長さが必要かはアレンジによって異なります。前撮りをする場合は、撮影日にあわせて髪を伸ばす期間も考慮しないといけません。そのため、まずは自分がどういったヘアアレンジをしたいのか、好みの雰囲気を見つけることからはじめましょう。行きつけの美容室がある場合は、伸ばす期間もふまえて前撮りの1年~数ヶ月前から担当の美容師さんに相談しておくと安心です。

    成人式当日までにイメージに近い写真をスマホに入れておいて、セットしてくれる美容師さんに見せると失敗は少ないはず。しっかり準備して、理想的なヘアスタイルで成人式を迎えてくださいね。