• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    選び方

    2021.6.25

    成人式の振袖はまだ間に合う?準備にかかる期間や準備方法を解説

    成人式の振袖はまだ間に合う?準備にかかる期間や準備方法を解説

    「成人式の振袖っていつまでにすべき?」

    「振袖予約していないけどまだ間に合う?」

    など、成人式の振袖を準備する時期について心配な方は多くいることでしょう。

    一生に一度の成人式を飾る大切な衣装ですから、準備に必要な期間については事前に知っておきたいところです。

    そこで今回は、成人式の振袖を決める時期の目安を解説します。

    成人式の振袖を購入する場合とレンタルする場合のメリット・デメリットも解説します。

    成人式の振袖はいつまでに決めないといけないのか?

    白色の振袖をチェックする

    <理想は2年前>

    成人式の振袖を決めておく時期は、余裕を持ちたいのであれば2年前、つまり高校3年生の1月からが理想です。

    一昔前までは、1年~半年前の準備が一般的でした。

    しかし近年では県外の大学に通って地元に帰る機会が無い人が増えたことや、早期予約による特典(着付け時間など)の存在などによって1年半~2年前に決める人が増えています。

    また、高校を卒業すると仕事や学業にあわただしくなる方が多く、振袖の準備期間には余裕を持っておくことが大切です。

    さらに、当日の支度時間を早く確保するためや自身のお気に入りの振袖を確保するためにも、早めの準備が求められます。

    理想の一着を見つけたいのであれば、2年前から準備を始めましょう。

    <遅くとも1年~1.5年前に準備を>

    たとえ高校生の1月に予約が出来なくても、遅くとも1年~1.5年前には振袖を決めておくのが目安だと言えます。

    前撮りは1年~半年前に行うことが多く、前撮りシーズン前に振袖を決めておくことが良いためです。

    また、ある程度自分の好みを反映して振袖を決めたいのであれば、1年~1.5年前がギリギリの時期だと言えるでしょう。

    人気の柄や流行の柄は早期に予約が埋まる上、特別大きなサイズや小さなサイズの振袖を来たい場合も早めに予約する必要があります。

    なお、母親や姉の来た振袖を切る場合はそれほど早く準備を始める必要はありません。

    しかし前撮りや当日の着付けの予約などを考えると、遅くとも前年の夏ごろには予約を完了させておくと良いでしょう。

    <完全に振袖予約していない時には…>

    もし「予約していなかった…」という場合でも、前年の11月位までならまだまに合うお店もあります。

    ただし、振袖の在庫数が非常に減ってしまっているため、デザインには限りがあることを覚悟しておきましょう。

    また、どちらかと言うと振袖よりも、成人式当日の着付けやヘアセットの予約の方が大変かもしれません。

    美容室に確認をしてダメだったら、レンタルショップに聞いてみると着付けを行ってくれる可能性があります。

    やはり予約できないケースもありますが、最後まで確認はしてみてください

    <成人式の振袖を決める際によくある質問>

    • 振袖選びでかかる時間はどれくらい?

    振袖選びにかかる時間には個人差がありますが、おおむね2時間~3時間程度です。

    ある程度じっくりと選びたいのであれば、3時間は見ておいた方が無難でしょう。

    ただし個人差がありますので、時間に余裕がある日にちを振袖選びに当てることがベストです。

    • お店に着て行く服装はどのような格好が良い?  

    振袖を決める時の服装に決まりはありませんが、襟元があいたピッタリめのトップスがベストです。

    振袖を決める際に試着をしますが、着ている服の上から試着用の襟をつけますので、とくに服装に制限はありません。

    ただし、パーカーなどごわついてしまう格好は着付けがしにくため避けるべきです。

    袖と身頃が一体になっているドルマンスリープの服も、腰ひもで振袖を着つけた際に袖が上がらず柄が見づらくなってしまうので避けましょう。

    髪型にも特に制限はありませんが、試着時にはヘアゴム等を借りて簡易なアップにすることは意識しておいてください

    成人式の振袖は購入?レンタル?

    成人式の振袖選びには、以下の選択肢があります。

    • 購入
    • レンタル

    ここでは、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

    それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめると、以下の通りです。

    メリットデメリット
    購入・オーダーメイドの振袖を着られる・子や孫等に受け継いでいける・いつでも何度でも着られる・クリーニングが必要・保管やメンテナンスに注意が必要・高額になることもある
    レンタル・保管やメンテナンスが不要・すぐに着られる・様々な色柄の振袖に挑戦できる・期限内に返さなくてはならない・自分に合った振袖が無いことも・何度も借りるとかえって高額に

    また、それぞれにかかる費用は以下の通りです。

    • 購入…25万円~75万円程度
    • レンタル…数万円~20万円程度

    上記を参考にしていただきながら、ご覧ください。

    振袖の購入

    振袖を購入するメリットは、以下が挙げられます。

    • 自分のサイズに合った振袖をオーダーメイドで仕立てられる
    • 誰も来ていない着物を着られる
    • いつでも着たい時に着られる(2~3回以上着るのであれば購入の方がお得)
    • 自分が着た後も、妹や従妹などが着まわせる
    • 一生ものとして、自分の子や孫へ、代々受け継げる

    一方、振袖を購入するデメリットは以下の通りです。

    • クリーニングや染み抜きなどお手入れが必要になる
    • 保管場所や虫干しなど、メンテナンスに気を付ける必要がある
    • 手の込んだ振袖の場合高額になることもある

    振袖を購入すると比較的費用がかかる上クリーニングや保管、メンテナンスに気を付けなくてはなりません。

    しかし、成人式に限らず何度も振袖を着る機会がある方の場合は、購入してしまった方がかえって経済的といえるでしょう。

    また、購入ならば自分の体型に合った状態に仕立てられるため、着心地や着姿が良い振袖で成人式に臨めます。

    さらに一度購入してしまえば妹や従妹だけでなく自分の子、孫の世代までずっと受け継げる点は大きな魅力です。

    振袖のレンタル

    振袖をレンタルするメリットには、以下が挙げられます。

    • 保管の必要が無く、メンテナンスや保管場所の確保が要らない
    • アフターケアが要らない(返却するだけで良い)
    • 比較的予算を抑えられる
    • 仕立てや小物合わせが済んでいるため、即着られる
    • 様々な色柄の振袖にチャレンジしやすい

    一方、振袖をレンタルするデメリットは以下の通りです。

    • 自分にピッタリの振袖が見つからないこともある
    • 身体のサイズによっては(背が高い・低い等)着られる振袖がない
    • 期限が来たら返さなくてはならない
    • 複数回振袖を着る場合、かえって費用がかかる場合もある

    レンタルは購入と比較しても費用を抑えられるため、成人式の1回しか振袖を着ない方はレンタルの方がおすすめでしょう。

    レンタルなら保管やアフターケアが不要であり、比較的手軽に振袖を着用できます。

    また、定番の色柄だけでなくその時々の流行に合わせた振袖から選べる点も振袖をレンタルする魅力です。

    老舗店はレンタルを行なっていないイメージを持っている方もいるかもしれません。

    しかし、実は老舗店でもレンタルを行っていることは意外とあり、確認してみることをおすすめします。

    一生に一度の成人式を彩る一着ですから、予算にあわせて最適な振袖を探してみましょう。

    成人式の振袖ならJKS!JKSの7つの特徴

    成人式の振袖の購入・レンタルならJKSをご利用ください。

    振袖専門店へ訪れる際に、「来店したら、決めなければいけない」と感じるかもしません。しかし、JKSでは、来店時にその場で決めなければいけないということはなく、自分にあった振袖を担当者と一緒に考えながら、自分のペースで選べます。

    <日本最大の振袖専門店グループ!>

    JKSは長年にわたり、メーカと共同でオリジナル商品を開発しています。

    また、振袖を一括仕入れをしている日本最大の振袖専門店グループであるため、品質の良い振袖をリーズナブルな価格で提供できます。

    <豊富な品揃え!>

    JSKは全国規模の振袖専門店グループであり、高級品の振袖からレンタル振袖まで幅広いジャンルの振袖を取り扱っています。豊富な品揃えであるため、他人とかぶらない振袖を選べるメリットや自分に合った振袖を見つけられるメリットがあります。

    <日本最大の着物ネットワーク!>

    JSKは全国の有力店が集まる日本最大のネットワークを有しています。そのため、新しい柄や流行のスタイルなど、振袖にまつわる最新の情報を常時チェックできる体制が整っており、トレンドを押さえた振袖をご提案できます。

    <厳選された振袖のラインナップ!>

    JKSは京友禅、十日町友禅など、JKS加盟店が自分たちの目で厳選した品質の振袖だけを取り扱っており、量も豊富です。トレンドを押さえるだけではなく、品質にもこだわっているため、着物の着心地の良さも体験できます。

    <成人式で振袖のかぶりが出ない!>

    JKSでは、振袖の「一地区一柄限定」というシステムを導入しております。成人式で集まるエリア内で、同じ色や柄の振袖をお召しになる方が出ないように、各地域で同じ振袖が2点以上出回ることがないというシステムです。そのため、誰とも違う自分だけの振袖姿をご堪能いただけます。

    <与えたい印象やカラーから振袖を選べる!>

    JKSでは、振袖の色と柄を豊富に揃えているため、多種多様なコーディネートができます。こちらのツールでは、与えたい印象およびカラーから自分のイメージに合った振袖を検索できます。与えたい印象では、プレミアムやファッショナブルなど、全4カテゴリーからを選択できます。また、カラーも全4カテゴリーからを選択でき、人気色である赤色や青色だけではなく、周りとかぶりにくい色(紫色など)もあるため、自分が着たい振袖が決まっている方にはおすすめです。

    振袖をイメージとカラーで選びたい方はこちら

    <サービスやアフターフォローも充実>

    ご購入時にはJKS加盟店独自の様々な特典を用意しており、アフターフォロー(振袖のお手入れや管理)も万全です。また、振袖の購入だけでなく、振袖のリフォームやメンテナンスのご相談もお気軽にしていただけます。前撮りから当日の着付けまでを一括で行えるため、まとめてのご依頼も可能です。