• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    選び方

    2021.6.25

    振袖の帯の種類と結び方で印象が決まる!失敗しない帯の選び方

    振袖の帯の種類と結び方で印象が決まる!失敗しない帯の選び方

    振袖の帯にはたくさんの種類があります。基本的には自分の好きな色や柄、振袖に合ったデザインのものを選べばいいのですが、成人式のようなフォーマルで格式のある場面では、使える帯の種類は決まっています。また、帯の結び方によっても、選ぶ帯の柄は変わってきます。せっかく選んだ振袖の柄も、帯の選び方や結び方を間違えると全く違う印象になってしまうこともあります。この記事では、成人式に着る振袖の色柄が決まった方の次のステップとして、失敗しない帯の選び方を解説します。

    振袖の帯の種類

    振袖の帯の種類
    青色の振袖をチェック

    帯には色々な種類があり、着物によって合わせる帯の種類は変わります。成人式の振袖にはどのような帯を合わせるべきなのでしょうか。帯の種類と特徴について詳しく見ていきましょう。

    関連記事:【成人式の振袖】自分に似合う色を見つける方法とは

    袋帯

    袋帯は、幅31㎝×長さ4m30㎝以上と長さも幅もある帯です。半分に折って袋状にして使うため、袋帯と呼ばれています。

    成人式の振袖や結婚式の留袖などフォーマルな着物に使用するのが基本ですが、カジュアルな訪問着に使うこともできるオールマイティな帯です。

    袋帯は表に柄が入っていて、裏面は無地になっているため軽くて結びやすいことが特徴です。そのため、伝統的な結び方だけでなく現代的なアレンジも可能となっています。華やかな成人式の振袖にぴったりの帯です。

    関連記事:振袖に合う袋帯の結び方と合わせ方

    丸帯

    丸帯は、長さ4m36㎝以上で重さも3㎏以上とかなり重厚感のある帯です。

    表にも裏にも柄が入っており、女性帯の中では最も豪華で格式が高い帯と言われています。

    重くて結びにくいため、最近では舞妓さんの着物や花嫁衣裳以外ではあまり使用されなくなってしまいました。フォーマルな帯なので、実際に振袖に合わせても全く問題ありません。

    しかし、結び方も難しく高い技術が必要なため、成人式で丸帯を見かけることはほとんどありません。

    【結び方】振袖の帯の種類

    【結び方】振袖の帯の種類振袖の帯の種類
    緑色の振袖をチェック!

    成人式の振袖に合わせる帯といえば、華やかで明るい結び方が印象的です。基本的な結び方以外にも、薔薇結びやリボン結び、胡蝶の舞といった成人式ならではの華やかな結び方もたくさんあります。結婚式のようなフォーマルな場とは違い、成人式の帯は様々な結び方のアレンジができるので、振袖の柄や色に合った結び方を選びたいものです。この章では、帯の基本的な結び方から現代風の結び方まで、様々な種類の結び方を詳しく解説していきます。

    ⽂庫結び

    文庫結びは、江戸時代の武家の女性の伝統的な結び方です。リボンのように見えることが大きな特徴で、現代の成人式で最もよく使われている結び方です。

    文庫結びからのアレンジもたくさんありますが、基本的にはそれほど崩れすぎず、伝統的な部分はしっかり残っているので、どんな着物にも似合います。可憐で女性らしい柔らかな雰囲気に仕上げたい場合にピッタリの結び方です。

    ⽴て⽮結び

    斜め蝶結びのような形の立て矢結びは、立体感があり豪華な印象を与えてくれる結び方です。背中に矢を背負っているように見えるため、この名前がついたと言われています。

    羽の部分が縦に大きく見えるので、シンプルな振袖に非常によく合います。凛々しくかっこいい印象を与える立て矢結びは背の高い人にもおすすめです。また、スタイリッシュな振袖と合わせることで、ゴージャスな雰囲気に変えることもできます。

    ⼆重太⿎結び

    太鼓結びの太鼓が二重になっている結び方です。太鼓結びとは、着物の帯の結び方の中でも最も基本的な結び方です。

    どんな着物にも合う結び方ですが、振袖に合わせるにはシンプルすぎるので太鼓の部分を二重にしてボリュームを出しています。上品で落ち着いた印象を与えてくれる結び方ですが、それだけでなく全体的な着物のラインを非常に美しく見せてくれる結び方でもあります。また、シンプルで控え目な柄の振袖に合わせると、上品な印象に仕上がります。

    振袖の帯の選び方

    振袖の帯選びは、振袖選びと同じくらい重要なので悩んでしまいやすい部分です。

    帯の柄や色で全体の印象ががらりと変わってしまうこともあります。目指している仕上がりと違う印象になってしまわないように、帯の選び方についてひとつずつ確認していきましょう。

    振袖の帯の種類を決める

    まずは、振袖に合った帯の種類から決めていきます。帯にはたくさんの種類がありますが、振袖の格式に合う帯は袋帯か丸帯になります。

    現代の主流である袋帯を選ぶのが一般的ですが、丸帯でも問題ありません。ただ、最近は婚礼衣装か舞妓さんくらいしか使用していませんので、袋帯を選ぶことが無難でしょう。

    振袖に合う色や柄の帯を選ぶ

    次に、振袖の色や柄にあった帯を選んでいきます。

    帯の色は大きく分けて金系、白系、黒系、その他の色の4つに分けられます。金系は豪華で華やかな感じに、白系は上品で優しい感じになります。黒系はしまって大人っぽい印象を与えられます。その他の色はおしゃれで個性的な印象を与えられます。

    色ごとに印象がそれぞれあるものの、最終的には自分の好み(色・柄)が帯を選ぶ上で最も重要です。

    あまりにもごちゃごちゃしすぎると子供っぽい印象になってしまいますし、シンプルすぎても寂しい雰囲気になってしまいます。以下では、合わせやすい柄の種類と高級感がある柄について詳しく解説しています。振袖の柄や色と照らし合わせながら、雰囲気の合う帯を見つけましょう。

    関連記事:色合わせで遊ぶ おしゃれ振袖コーディネート

    関連記事:振袖の色選び、迷ってる?それぞれの色の魅力を比べてみよう☆ PART1

    関連記事:選ぶ前に知っておきたい!「振袖の柄」の種類と意味①

    関連記事:選ぶ前に知っておきたい!「振袖の柄」の種類と意味④【お花編】

    関連記事:振袖の柄の種類と意味を一挙紹介!【成人式に人気の柄の種類も紹介】

    合わせやすい柄

    【お太鼓柄】

    二重太鼓結びをしたい場合に適した柄です。シンプルでスタイリッシュな振袖に合わせやすく、優しく上品な印象を与えてくれます。胴部分とたれの部分に柄が出るようデザインされていますので、二重太鼓結びがきれいにまとまります。

    【六通柄】

    帯全体の6割に柄が入っていて、胴部分には柄がありません。手先やたれの部分に柄が入るようにデザインされており、どんな振袖にも合わせやすい柄です。振袖が豪華な場合、帯を少しシンプルにまとめたい時におすすめです。

    高級感がある柄

    【全通柄】

    帯全体に柄が入っており、華やかで高級感のある帯です。シンプルな振袖に合わせると豪華な印象を与えられます。帯の結び方によっては上品に見せられ、複雑な結び方をする場合にはより一層華やかな印象を与えられます。

    【古典柄】

    花や生き物などが美しく描かれている帯です。古典柄の中でも特に花柄は、色も鮮やかで愛らしく女性らしい印象が強いです。そのため、成人式のようなフォーマルで華やかな場面で選ばれることも多いです。それぞれの柄には意味があり、椿や牡丹、桜といった縁起のいい柄は人気が高いです。

    帯締めや帯揚げもあるとベスト

    帯締めや帯揚げを巻くと、全体的に締まった印象になります。帯締めは体の真ん中部分に位置するため、色や飾りによって印象が変わることもあります。

    また、トレンドに左右されやすいアイテムでもあるので、リメイクした振袖でも帯締めを新調するだけで今風の雰囲気に仕上がることもあります。

    帯締めや帯揚げの色を変えるだけで、モダンな雰囲気にも古典的な雰囲気にも変えられるので、余裕がある方は帯締め・帯揚げも振袖に合ったものを選んでみましょう。

    関連記事:振袖の帯揚げはどう選ぶ?結び方やカラーの選び方を解説します

    振袖と帯のコーディネートならJKSがオススメ!

    成人式の振袖で帯にこだわりたい方は、ぜひJKSをご利用ください。

    振袖専門店へ訪れる際に、「来店したら、決めなければいけない」と感じるかもしません。しかし、JKSでは、来店時にその場で決めなければいけないということはなく、自分にあった振袖を担当者と一緒に考えながら、自分のペースで選べます。

    <日本最大の振袖専門店グループ!>

    JKSは長年にわたり、メーカと共同でオリジナル商品を開発しています。

    また、振袖を一括仕入れをしている日本最大の振袖専門店グループであるため、品質の良い振袖をリーズナブルな価格で提供できます。

    <豊富な品揃え!>

    JSKは全国規模の振袖専門店グループであり、高級品の振袖からレンタル振袖まで幅広いジャンルの振袖を取り扱っています。豊富な品揃えであるため、他人とかぶらない振袖を選べるメリットや自分に合った振袖を見つけられるメリットがあります。

    <日本最大の着物ネットワーク!>

    JSKは全国の有力店が集まる日本最大のネットワークを有しています。そのため、新しい柄や流行のスタイルなど、振袖にまつわる最新の情報を常時チェックできる体制が整っており、トレンドを押さえた振袖をご提案できます。

    <厳選された振袖のラインナップ!>

    JKSは京友禅、十日町友禅など、JKS加盟店が自分たちの目で厳選した品質の振袖だけを取り扱っており、量も豊富です。トレンドを押さえるだけではなく、品質にもこだわっているため、着物の着心地の良さも体験できます。

    <成人式で振袖のかぶりが出ない!>

    JKSでは、振袖の「一地区一柄限定」というシステムを導入しております。成人式で集まるエリア内で、同じ色や柄の振袖をお召しになる方が出ないように、各地域で同じ振袖が2点以上出回ることがないというシステムです。そのため、誰とも違う自分だけの振袖姿をご堪能いただけます。

    <振袖の帯の柄も豊富にある!>

    JKSでは、振袖の色と柄を豊富に揃えているため、自分が使いたい帯を選べます。また、自分が着たい振袖が決まっている方であれば、こちらのツールを使うことで、振袖と帯を同時に見れます。このツールでは「与えたい印象」や「カラー」の2点から、振袖を調べられます。与えたい印象では、プレミアムやファッショナブルなど、全4カテゴリーからを選択できます。また、カラーも全4カテゴリーからを選択でき、人気色である赤色や青色だけではなく、周りとかぶりにくい色(紫色など)もあります。

    振袖をイメージとカラーで選びたい方はこちら

    <サービスやアフターフォローも充実>ご購入時にはJKS加盟店独自の様々な特典を用意しており、アフターフォロー(振袖のお手入れや管理)も万全です。また、振袖の購入だけでなく、振袖のリフォームやメンテナンスのご相談もお気軽にしていただけます。前撮りから当日の着付けまでを一括で行えるため、まとめてのご依頼も可能です。