• Instagramアイコン
  • Youtubeアイコン
  • Fecabookアイコン
  • 成人式の振袖・卒業式の袴や髪型選びに
    役立つ情報サイト

    Menu

    振袖コラム

    選び方

    2021.6.25

    成人式の振袖 着付けの相場はどれくらい?場所別・プラン別の費用相場

    成人式の振袖 着付けの相場はどれくらい?場所別・プラン別の費用相場

    成人式の着付けをしてもらう場所はいくつかあります。 一般的には日頃通っている美容室にお願いする人が多いですが、成人式の会場からの距離や予約の時間、費用などによってどこに頼むか慎重に選ぶ必要があります。 この記事では、振袖の着付けを依頼できる場所の種類と成人式用のセットプラン、料金相場について詳しく解説いたします。

    振袖の着付けはどこに頼む?

    着付けをお願いできる場所は大きく分けて4種類あります。

    それぞれの場所の特徴について詳しく見ていきましょう。

    美容室

    最もおすすめなのは、いつも通っている美容室です。

    いつも行きつけの顧客ということで時間の融通も利きますし、何より要望を言いやすいというメリットもあります。

    また、雰囲気や好みもよく把握しているので、満足のできる仕上がりになります。

    行きつけの美容室が予約でいっぱいの場合、振袖店が提携している美容室が便利です。

    自宅または成人式会場から近いお店を探してくれるので、当日の流れもスムーズです。

    それ以外の方法となると自分で探すことになりますが、できるだけ自宅の近所で探した方が無難です。

    式が始まるまでに、トイレや荷物整理などをする場所が必要なので、自宅が近いと焦る必要がなくなります。

    ホテル

    結婚式のようなパーティやイベントなどを数多く取り行っているホテルは、当然着付けも慣れているので安心です。

    ただし、早朝から営業しているホテルは少なく、地域によってはホテルを探すのが大変なこともあります。

    出張着付けサービス

    当日の朝、自宅まで着付けに来てくれるサービスもあります。

    忙しい朝、わざわざ着付けのために出向く必要がないため余裕をもって支度ができるのがメリットです。

    ただ、出張サービスの場合、ヘアメイクなどができない可能性もあるので気をつけましょう。

    合同着付け会場

    呉服店や振袖を買った店が、大きな会場を借りて合同で着付けを行ってくれるサービスもあります。

    自分で探す手間が省けるので便利ですが、会場が自宅から遠い場合も、当日の朝事前に準備して出向く必要があります。

    また、大人数を同時に着つけるため、流れ作業で雑になってしまう可能性もあります。

    振袖の着付けの相場 

    振袖の着付けの相場

    着付けの料金は、成人式用のヘアやメイクもセットで料金を設定しているお店が多いです。

    全てお任せにすれば楽ですが、振袖は他の着物と比べて価格が高めなので、かなり高額な金額になることもあります。

    メイクのように自分でできる部分の金額を差し引いてもらえば、多少は節約になりますね。

    場所別 振袖の着付けの相場

    着付けをお願いする場所によって相場がどのくらい変わるのか、ここから詳しく見ていきましょう。

    美容室

    美容室によって金額は多少違いますが、ヘア・メイク・着付けの3点セットで頼むと、相場は約2万円前後と言われています。

    この費用以外に、当日は営業時間外での業務となるので、早朝料金がかかることがあります。

    ほとんどの美容室はセット価格に含まれていますが、別になっていることもあるので事前に確認しましょう。

    ホテル

    ホテルは立地もよく、設備も綺麗で着付けも安心してお任せできるため人気ですが、美容室と比べるとやや高めです。

    立地やホテルのブランドにもよりますが、25,000円から30,000円前後が一般的です。

    出張着付けサービス

    出張着付けサービスの相場は、15,000円から20,000円前後と言われています。

    美容室とあまり変わりませんが、着付け師さんの早朝料金や交通費が別途かかることがあります。

    また、相場よりもかなり安い価格設定の場合、ヘアやメイクは行っていないことがあります。事前に確認しておきましょう。

    合同着付け会場

    振袖を購入した呉服店やチェーン店がサービスで行っているので無料です。

    ただ、購入価格に着付け費用が上乗せされていることもあるので、得をしているのかどうかは不明です。

    プラン別 振袖の着付けの相場

    成人式の着付けは、ヘアセットやメイクも含めたプランにするのか、着付けのみにするのかによっても費用は変わります。
    ここからは、プラン別の料金相場を詳しくみていきましょう。

    振袖の着付けのみ

    費用をできる限り抑えたいなら、着付けのみのプランが最もリーズナブルです。

    相場は約5,000円から16,500円くらいです。

    振袖の着付けとヘアセット

    着付けとヘアセットがセットになったプランだと、ヘアセットだけをお願いするよりも多少安くなることがあります。

    特に美容室はセットプランになっていることが多く、約10,000円から28,000円が一般的です。

    同じ場所で両方行った方が時間短縮にもなるのでおすすめです。

    ヘアセットのみ

    母や祖母など着付けができる人がいたら、ヘアセットのみを依頼することもできます。

    相場は約5,000円から10,000円前後です。

    着付けとセットの方が、ヘアセット代が多少割引になるようですが、少しでも費用を抑えたいならヘアセットのみでいいと思います。

    メイクのみ

    メイクのみを行っているところは非常に少ないです。

    料金は約3,000円から4,000円前後と言われていますが、最低でもヘアメイクとメイクがセットになっているパターンが多く、メイクのみを受けているところは少ないようです。

    振袖の着付け料金を安くするためのコツ 

    少しでも料金を安くするためには、オプション費用を見直す必要があります。

    全てセットになった料金設定もありますが、後から追加料金がかかることもあるので、予約の際にこれから挙げる料金については事前に確認しておきましょう。

    早朝料金を確認

    成人式の準備は早朝が基本です。

    そのため、どの店舗も営業時間外の対応となり、早朝料金を取ることがあるので注意が必要です。

    ただし、既にセット料金に含まれていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

    持ち込み料金の確認

    呉服店や着物のレンタル店で着付けのみをお願いすると、持ち込み料金がかかることがあります。

    また、予約料金といった名目で費用が余分にかかることもあるので、持ち込みをするなら料金の内訳を確認しておきましょう。

    友達と誘い合わせる

    友達と一緒に予約すると、お互いに割引価格で着付けができるようなプランもあります。

    自宅が近くの友達同士なら一緒に同じ店で着付けてもらうのもいいですね。

    割引や特典の確認

    早めの予約で割引があったり、メイクを自分でするとメイク代を引いてもらえたり、その他成人式に合わせたプランで割引特典があるお店はたくさんあります。

    ただし、お得なプランのあるお店はすぐに予約が埋まってしまうので、なるべく早めに事前チェックしておくことをおすすめします。

    振袖の着付けについて

    最後に、着付けの予約をする時間帯や予約方法のポイントについて紹介します。

    予約する前に見直しておきましょう。

    振袖の着付けにかかる時間

    振袖の着付けは、一般的な着物よりも時間がかかります。

    ヘアメイク・メイクと合わせたセットで約1時間半から2時間程度が一般的です。

    帯をかわり結びにしたり、着崩れしないように丁寧に着付けるため時間がかかります。

    また、ヘアセットも髪の長さやスタイルによって大幅に変わります。

    基本的な時間に1時間前後プラスして考えておくといいでしょう。

    会場までの道が混んでいたり天候が悪くて、当日は移動に時間がかかってしまうこともあります。

    予約はかなり余裕を持った時間帯にしましょう。

    振袖の着付け予約はいつからすればいいのか

    成人式の着付け予約は、1年以上前から可能です。

    最も人気の高い時間帯に予約を入れたいなら、1年前くらいから抑えておかないと難しいでしょう。

    予約がいっぱいになってしまう可能性も考えると、半年前までには予約を完了しておいた方がいいです。

    また、予約はネット予約よりも電話で直接予約がおすすめです。

    電話の方が、どんな帯の結び方にするのか、ヘアメイクの希望、予約の時間帯など詳しい打ち合わせができるからです。

    行きつけの美容室なら、写真を見せたりすることでイメージを伝えられておすすめです。

    「心付け」とは?

    心付けとは、美容師さんや着付け師さんに送る謝礼品のことです。

    大きなチェーン店などでは一切禁止しているところもあり、そういった場合は控えた方が無難です。

    どうしても渡したい方は、ポチ袋などに「お礼」と書いてお渡しするといいでしょう。

    まとめ

    成人式の準備は、2~3年前から始まっています。

    当日、時間に追われて慌てたり、早朝の着付けで寝不足にならないためにも、希望の時間に予約ができるよう早めに準備しておきましょう。

    また、費用の相場はプランや場所によっても大幅に変わります。

    特に早朝料金は店によって全く違うので、予約の際に必ず確認しておきましょう。