帯&小物をタイプ別にフルチェンジ♪
お手本コーディネート

帯や小物を自由にセレクトできる、振袖のコーディネート。
「お気に入りの振袖に、どんな帯や小物を合わせようかな…」
と悩むのも振袖を着る楽しみのひとつです。
中でも、振袖を着たときに体の中心にくる注目アイテム、
帯と帯まわりの小物の情報をピックアップしてご紹介します。
タイプ別に帯の柄、小物の配色や最新アイテムをチェックして!

Classical×黄金配色

晴れ着といえば、金刺繍のきらびやかな帯がお決まり。伝統的なセレモニースタイルにぴったりのゴールドの帯は、一度は振袖に合わせてみましょう。
クラシカルで、かつおしゃれに見せるには、スパイシーな差し色が重要です。ゴールドがいっそう上品に輝く深みのある赤や黒の帯揚げ、帯締めなどで、スタイリッシュにコーディネートを。
さらに、レトロ調の髪飾りや帯留めを取り入れて、全身のコーデに抜け感をつくれば文句なしの上級者!

クラシックな振袖小物のコーディネート1
クラシックな振袖小物のコーディネート2
クラシックな振袖小物のコーディネート3

more

緑もゴールドとの相性GOOD!
衿元は刺繍で華やぎアップを。

Girly mode×パターン柄

モード派のおしゃれさんなら、ストライプやボーダー、幾何学模様の帯も気になるところ。パターン柄は意外にいろんなタイプの振袖とマッチするので、ぜひ試着の際に積極的に合わせてみましょう。
洗練された着こなしにするには、帯や小物の色数をおさえつつ、メリハリのきいたコーディネートにすること。ちょっと思い切った色に挑戦するのもGOODです。たとえばガーリーなマゼンタピンクも、黒や青などクールな色の小物と合わせたら、モード系のイメージになります。

ガーリーモードな振袖小物のコーディネート1
ガーリーモードな振袖小物のコーディネート2
ガーリーモードな振袖小物のコーディネート3

more

シャープな柄には丸い帯留めが好相性。ツートンカラーの足袋もおしゃれ!

Oriental×シンプル小物

インパクトのある柄の帯は、柄を主役にしてスタイリングするのが正解。たとえば、高らかな波の躍動感をシンプルな小物で引き立てれば、オリエンタルな雰囲気を全面に生かした粋な振袖姿になります。
インパクト柄の場合、小物は帯に使われている色からチョイスしたら、洗練されたコーディネートに。ラメ入りやマットな素材感など、発色が生かせるものを選んでみて。 大人っぽくて、少し個性的な着こなしをしたい人にもおすすめです!

シンプルな振袖小物のコーディネート1
シンプルな振袖小物のコーディネート2
シンプルな振袖小物のコーディネート3

more

納戸色の小物はコーデの引き締めにぴったり。衿元もオリエンタル色まとめて。

Retro×お花モチーフ

オレンジや紫、緑など、レトロな色の帯は、反対色の小物でまとめるのがおしゃれ。帯と小物の対比がビビッドで、かつ全身がすっきりとした印象になります。 キュートなお花のフォルムが目を引く帯には、同じくお花モチーフの小物で、色が対比するものを合わせてみましょう。その他ポイントにする部分以外は、白や黒などベーシックな色にするとまとまります。
古典の振袖も、帯の色・柄でぐっと近年人気のレトロコーデになります。ぜひトライしてみましょう!

レトロな振袖小物のコーディネート1
レトロな振袖小物のコーディネート2
レトロな振袖小物のコーディネート3

more

紫はレトロコーデのテッパン! ノスタルジックな帯留めなども活用して☆